口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

赤ニキビの人にはどんな化粧水がおすすめ?

赤ニキビはすでに毛穴が炎症を起こした状態です。
赤ニキビの人は抗炎症作用のある成分が配合された化粧水を、
使用するのがおすすめです。

 

さらにビタミンC配合美容液を使用し、
ニキビがこれ以上悪化してニキビ跡になるのを防ぐようにしましょう。

 

 

赤ニキビは毛穴が炎症を起こした状態

 

ニキビは毛穴に皮脂がつまることにより発生します。
つまった皮脂は外から白く見えるため、この段階のニキビは「白ニキビ」と呼ばれます。

 

さらにニキビが悪化すると「黒ニキビ」と呼ばれる段階に移行します。
黒ニキビでは毛穴につまった皮脂が、
空気中や体内の活性酸素によって酸化され、
過酸化脂質と呼ばれる黒色の物質に変化します。

 

過酸化脂質はニキビ原因菌アクネ菌の格好のエサとなり、
毛穴の中でアクネ菌が増殖するようになります。
毛穴は炎症を起こして赤く腫れるため、
この段階のニキビは「赤ニキビ」と呼ばれます。

 

ニキビはこの赤ニキビの段階までで治してしまうことが大切です。
さらに悪化して「黄ニキビ」へ移行すると、
炎症は毛穴周辺の皮下組織まで広がり、
ニキビが治った後にもニキビ跡が残ってしまうことになります。

 

 

赤ニキビのケアには抗炎症作用のある化粧水を

 

赤ニキビは毛穴が炎症を起こしていますから、
赤ニキビの人は炎症を抑える成分が配合された化粧水がおすすめです。

 

ただ炎症を抑える成分の中には刺激が強すぎ、
肌を乾燥させることになってかえってニキビを悪化させてしまうものがあります。
オウゴンエキスやカミツレエキスなど、天然の抗炎症成分がおすすめです。

 

 

さらにビタミンC配合美容液でケアを

 

ただ赤ニキビの段階になってしまうと、抗炎症作用だけでは十分ではありません。
赤ニキビを悪化させず、効果的に治すには、ビタミンC配合美容液がおすすめです。

 

ビタミンCにはまずアクネ菌の増殖を抑え、殺菌する作用があります。
炎症を抑えるだけでなく、炎症の原因となっているアクネ菌を殺菌しないと、
赤ニキビの改善は期待できません。

 

またビタミンCには、炎症にともなって起こる色素沈着を予防する効果もあります。
ニキビ跡を防ぐためにも、ビタミンCは必要です。

 

ただしビタミンC美容液は、浸透力の高いものを選ぶ必要があります。

浸透力の低いビタミンC美容液では、

ビタミンCがニキビ患部まで到達せず、効果は期待できません。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品