口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビを潰してしまっても跡に残さないために

ニキビは潰さないことが大切です。

 

ニキビを潰してしまうことによりニキビを悪化させ、
ニキビ跡が残ってしまうことになりがちです。

 

ただニキビを潰してしまった場合は、
きちんとした処置を行うことによりニキビ跡になるのを防ぐことができます。

 

 

ニキビは潰さないことが大切

 

ニキビができると、白い皮脂が外から見えるようになりますから、
ニキビを潰して皮脂を取り出してしまいたくなります。

 

またニキビは悪化してくると肌の表面に盛り上がってきますし、
かゆみが出ることもありますから、無意識に触って潰してしまうこともあります。

 

でもニキビは絶対に潰さないようにするのが大切です。
ニキビを潰すと、手の雑菌がニキビに侵入するなどしてニキビを大きく悪化させ、
ニキビが化膿してニキビ跡を残すことになってしまいます。

 

 

ニキビを潰してしまった場合は適切な処置を

 

万が一誤ってニキビを潰してしまった場合は、
そのまま放置せずきちんと処置をするようにします。

 

すぐにきちんと処置をすれば、
潰してしまった場合でもニキビ跡を残さず治すことが可能です。

 

ニキビ跡を潰してしまった場合の処置の方法は、次の通りです。

 

1. 患部を清潔に保つ

 

ニキビは雑菌が侵入することで大きく悪化します。
潰してしまったニキビは雑菌が侵入しやすくなっているため、
洗顔をして患部を清潔に保つことが必要です。

 

潰したニキビを洗う際は、こすったりして刺激しないよう気を付けます。

 

2. 患部を熱めのお湯で洗う

 

潰したニキビをきちんと洗って清潔にしたら、
次に熱めのお湯で再度洗います。

 

熱めのお湯で洗うことにより血行が促進され、
皮膚の組織が盛り上がってくるために、凸凹のニキビ跡になりにくくなります。

 

3. 消毒液をつける

 

綿棒やガーゼなどに消毒液をつけ、患部に塗ります。
この時患部を刺激しないよう、軽く塗るよう気を付けます。

 

4. 以上を患部がふさがるまでくり返す

 

以上のことを、潰したニキビの患部がふさがるまで、
数日のあいだ繰り返します。

 

ただ以上の処置は、ニキビが比較的軽い場合です。

 

化膿するなどした重度のニキビの場合は、かえって逆効果になることがありますので、

重度のニキビを潰してしまった場合はお医者さんに相談しましょう。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品