口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ボディの洗い方の順番を変えてみるのも手

背中や二の腕、デコルテなどボディにできるニキビも、
ニキビができるメカニズムは顔のニキビと同じです。

 

顔同様、やさしくケアしてあげることが大切です。

 

 

ボディも顔もニキビのできるメカニズムは同じ

 

背中や二の腕、デコルテなどは、皮脂腺が顔と同じくらいの密度で存在します。

 

ですからボディのニキビも、
皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴をつまらせることにより、
ニキビができることは、顔の場合とまったく変わりません。

 

皮脂がつまる原因は、顔のニキビと同様、
肌の乾燥や食生活の偏りによる栄養不足、
睡眠不足によるターンオーバーの低下、
ストレスなどを原因とするホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌、
運動不足、便秘などとなります。

 

多くの人が顔のスキンケアには力を入れるのに対して、
背中や二の腕などのボディは放置したままにしてしまいます。

 

そのためボディには、顔以上にニキビができやすく、また悪化しやすくなります。

 

 

ボディのニキビもきちんとケアを

 

ボディのニキビを解消するには、
まずはボディソープを見直してみるのが効果的です。

 

ドラッグストアなどに安価で売っているボディソープは、
石油系の強力な界面活性剤を使用し、
肌に対する刺激が非常に強い場合があります。

 

界面活性剤の刺激で肌が乾燥し、ニキビができることになりますので、
刺激の少ないボディソープを使う必要があります。

 

できれば背中や二の腕、デコルテなどは、
顔に使用する洗顔料で洗うのがおすすめです。

 

また体を洗うのにナイロンタオルなどでゴシゴシこする人がいます。
これは肌を傷めてニキビを作る原因になりますので、
ボディも顔同様、手でやさしく洗うことが大切です。

 

体を洗ったあとはボディも化粧水できちんと保湿するようにします。

 

 

体を洗う順番を変えてみるのも効果的

 

ボディにできるニキビがシャンプーや、
トリートメントなどのすすぎ残しでできることがあります。

 

体を洗ってから頭を洗うようにしていると、
シャンプーやトリートメントがどうしてもボディに付き、
それがそのまま残ってしまうことになりがちです。

 

その場合はまずシャンプーし、
トリートメントも済ませてからボディを洗うようにすると、
ニキビが解消することがあります。

 

 

シャワーだけでなく湯船に浸かる

 

ボディのニキビで悩んでいる人の多くが、
お風呂でシャワーを使うだけで湯船に浸からないといわれています。

 

ボディの毛穴つまりを解消するには、

10分程度は湯船に浸かるようにすることが効果的です。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品