口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

黒ニキビは触らないのがケアのコツ

黒ニキビ(解放面皰または黒色面皰)はニキビの第2段階です。

 

この段階は、第1段階の白ニキビよりは悪化していますが、
まだ適切なケアをすることにより問題なく治すことができます。

 

 

黒ニキビができるメカニズム

 

白ニキビの段階でできた角栓は、
空気中や体内の活性酸素の作用を受けることにより、
酸化して過酸化脂質に変化します。

 

過酸化脂質が黒い色をしているため、
この段階のニキビは黒ニキビと呼ばれます。

 

過酸化脂質は酸化した脂のことで、
サラダ油が酸化すると有害物質となるように、肌に対して有害です。

 

そのため過酸化脂質がつまった毛穴の入口付近では、
毛穴の細胞が免疫反応を起こして過酸化脂質を取り除こうとするために、
小さな炎症が起こります。

 

 

黒ニキビをケアするにはやはり洗顔と化粧水

 

ニキビが黒ニキビの段階まで進んでも、
白ニキビ同様きちんとした洗顔を行なって毛穴の汚れを取り除き、
化粧水を使って保湿することで、問題なく治すことができます。

 

ただ黒ニキビはすでに小さな炎症が起き始めているため、
化粧水には炎症を抑える成分が配合されているものを使うことがおすすめです。

 

また黒ニキビの段階でも、炎症によって色素沈着が起こる可能性があります。

色素沈着を予防するには、

ビタミンC配合の美容液を使うのがおすすめです。

 

 

黒ニキビは触っては絶対にダメ

 

黒ニキビの段階まで来ると、すでに小さな炎症が起きはじめています。
ですから手で触るなどしてニキビを刺激すると、
炎症を悪化させることがあります。

 

さらに手の雑菌がニキビに入ることにより、
炎症が一気に拡大することがありますから、
黒ニキビは絶対に触ってはいけません。

 

 

過酸化脂質とは?

 

過酸化脂質は皮脂などの脂質が、
空気中や体内にある活性酸素により酸化されてできます。

 

過酸化脂質は細胞に接することにより、
細胞内にスーパーオキシドアニオンを発生させます。

 

これが細胞の中にあるDNAを傷付けることになるため、
ガンの原因にもなるといわれています。

 

また過酸化脂質は動脈硬化の原因ともなることが、
最近の研究から明らかになっています。

 

過酸化脂質を作る原因となる活性酸素は、
体内ではストレスや喫煙、過度の飲酒、紫外線や日焼けによって発生します。

 

細胞は細胞膜に多くの脂質があるため、
活性酸素の作用を受けると機能が低下して、
肌の細胞ならニキビなどの肌トラブルを起こすことになります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品