口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

病院で処方される薬だけに頼らないようにするのも大事

ニキビは初期段階から赤ニキビの段階までは、
化粧水と美容液を使って自分でケアすることが可能です。

 

でもニキビが化膿するなど重症化してしまった場合は、
病院で抗生物質や化膿止めを処方してもらいましょう。

 

ただ抗生物質などは副作用もあるため、

長期にわたって使い続けるものではありません。
症状が落ち着いたら化粧水や美容液でのケアに切り替えることも大切です。

 

 

ニキビは自分でケアすることが基本

 

ニキビは自分でケアすることが基本です。

 

ニキビは病院でも治療してくれます。
ただ病院で処方されるニキビ治療薬には、
副作用があったり刺激が強かったりするものも多いのは事実です。

 

薬の副作用や刺激によって、
ニキビの症状をかえって悪化させてしまうことも少なくありません。

 

ニキビはまずは、副作用がなく刺激の少ない化粧品や美容液を使い、
自分でケアするのがおすすめです。

 

 

重症化したら病院へ

 

ただ自分でニキビをケアできるのは、赤ニキビまでの段階です。

 

ニキビがさらに悪化して化膿してくるなど重症化してしまったら、
化膿をすぐに抑えることが必要です。

 

病院へ行って抗生物質や化膿止めなどの薬を処方してもらいましょう。
病院で処方してくれるニキビ治療薬は、次のようなものになります。

 

外用薬

 

ダラシンTゲル1%

「クリンダマイシン」が商品名。
ニキビを殺菌する薬で、副作用が少ないのが特徴です。

 

クンメルフェルド液

イオウが主成分で、細菌の増殖を抑制し、毛穴を柔らかくします。

 

アクアチム軟膏1%

細菌の殺菌をします。
クリームタイプと、ローションタイプがあります。

 

内用薬

 

ミノマイシン

細菌を殺菌します。
ニキビ治療以外の病気にも使われます。

 

ビブラマイシン錠

細菌を殺菌します。

 

ハイボン

ビタミンB2を補給します。

 

 

抗生物質は長期では使わない

 

抗生物質は通常副作用があります。
またあまり長期にわたって使用してしまうと、菌が耐性を持ってしまうこともあります。

 

ですから病院へ行っても、
ある程度症状が収まったら通常のケアに切り替えることになります。

 

その場合は炎症を抑える成分が配合された化粧水を使い、
ビタミンC美容液によってニキビの再発を防ぎながら、
ニキビ跡を予防するのがおすすめです。

 

ただ通常のケアに切り替える場合には、自分で判断せず、

かならずお医者さんの指示に従うようにしましょう。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品