口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

漢方薬で体質改善も効果的

生理でニキビが増えたときは、
桂枝茯苓丸や当帰芍薬散などの漢方薬でバランスを整えるのも有効です。

 

 

桂枝茯苓丸、当帰芍薬散とは?

 

桂枝茯苓丸と当帰芍薬散は婦人病に用いられる非常に有名な漢方薬です。

 

「お血」と呼ばれる血の流れが停滞した体の状態に効果があり、
月経不順や貧血、冷え性、下腹部の痛みなどの症状を改善します。
生理前にニキビができる場合は、それも改善される可能性が高くなります。

 

桂枝茯苓丸と当帰芍薬散はどちらも「お血」の状態を改善しますが、
それぞれで適する症状は異なります。

 

桂枝茯苓丸の効能

 

桂枝茯苓丸が適するのは、
お血の中でも「上衝」と呼ばれるタイプになります。

 

気の流れは通常頭から足へと流れていきますが、
それが逆流して気が上半身にたまっているのが「上衝」です。

 

気は体を温める作用がありますので、
上衝の人は下半身が冷え、逆に頭がのぼせたりなどしがちです。

 

上衝の人はその他に、静脈のうっ血や頭痛、肩こり、下腹部の痛み、

月経困難、不正性器出血などの症状が現れます。

 

桂枝茯苓丸は気の流れを整え、正常に戻す働きがあります。
桂枝茯苓丸はその他、
自律神経失調症や高血圧症、高血圧症、子宮内膜炎、子宮筋腫、
骨盤内炎症などにも効果があるとされています。

 

男女を問わず使用することができますが、妊婦さんは使用することができません。
生理前のニキビを改善する効果がありますが、
まれにニキビが悪化することがあり、その場合は使用を中止する必要があります。

 

当帰芍薬散の効能

 

当帰芍薬散が適するのは、お血の中でも「虚証」と呼ばれるタイプになります。
「肝」の血が不足することにより栄養が不足して、
気の流れが滞り、それが原因となって血や水の流れが停滞します。

 

虚証は顔色が悪く貧血気味の人に起こりやすく、
月経不順や頭痛、腰痛などの症状が現れます。

 

めまいを起こすこともあり、頭が重く、
何かかぶっているような感じがするのが特徴といわれています。

 

当帰芍薬散は血や水の流れを回復させる効果があり、
ニキビの改善にも効果がありますが、胃腸に負担がある場合があります。

 

特に胃腸が弱い人は注意が必要で、
人参湯や六君子湯などの胃腸を整える効果がある、
漢方薬をいっしょに服用するのがおすすめです。

 

また初めは少なめの量から始め、徐々に量を増やしていくようにします。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品