口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

肌が乾燥するとニキビができやすくなるので注意

ニキビは「皮脂」が原因で、
ニキビケアには「洗顔」が何より大事と思っている人がまだまだ少なくありません。

 

思春期のニキビには、それはたしかにその通りとなりますが、
大人のニキビは皮脂よりむしろ「乾燥」が大きな原因で、
大人ニキビのケアには肌の「保湿」が最重要となります。

 

 

保湿は健康な角質を作るために必要

 

肌の表面にある角質は、水分を保持することによって、
肌の内部を紫外線や細菌など外部の刺激から守っています。

 

角質の水分が足りなくなり、
肌が乾燥してしまうと肌は外部からの刺激に弱くなり、
ニキビを起こしやすくなります。

 

また肌は約28日周期でターンオーバーをくり返し、
古い組織を新しいものと置き換えていきますが、
角質の水分が足りなくなると、このターンオーバーが低下します。

 

ターンオーバーが低下すると肌の免疫力が低下して、
ニキビによる炎症が起こりやすく、また悪化しやすくなります。

 

このように肌をきちんと保湿して、角質が水分をきちんと含み、

外部の刺激や肌の炎症に強い、健康な状態でいるようにすることは、
ニキビの発生・悪化を抑えるために非常に大切です。

 

 

保湿は肌の柔らかさを保つためにも必要

 

角質の水分が失われ、角質が堅くなると、毛穴がつまりやすくなります。
また乾燥し、ターンオーバーが低下した肌は、
古い角質がはがれ落ちずに肌に残ったままになりやすく、
古い角質は毛穴の中で皮脂と混ざり合って角栓を作り、
これも毛穴をつまらせる原因になります。

 

毛穴がつまると、毛穴の中に皮脂がたまり、ニキビを発生させる原因になります。
毛穴をつまらせないよう、肌を柔らかくするためにも保湿はとても重要です。

 

 

洗顔後の保湿は特に大切

 

洗顔後の保湿は特に大切です。

 

ニキビの原因を皮脂だと考え、ニキビケアの第一を洗顔と考える人の中には、
肌を乾燥させてしまうことにより、
かえってニキビを発生・悪化させる人が少なくありません。

 

一般の洗顔料に含まれる界面活性剤は肌に対する刺激が非常に強く、
肌が本来必要とする皮脂まで取り除き、
肌表面の細胞を破壊して角質の水分を奪います。
ですから洗顔をするとどうしても、肌は乾燥してしまうことになります。

 

ですから洗顔後には、特に入念に保湿する必要があります。

また洗顔料も、できればクレイ洗顔料など、

肌への刺激が少ないものを選ぶことがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品