口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビ跡のシミは消せる?

ニキビ跡のシミの原因は、大きく分けて「メラニン色素」と「ヘモグロビン」です。

 

紫がかった色の色素沈着の正体はヘモグロビンで、
その後茶色っぽく見えてくる色素沈着の正体がメラニン色素です。

 

 

紫がかった色素沈着の正体はヘモグロビン

 

ニキビの炎症が激しくなると、初めは毛穴だけにとどまっていた炎症が、
毛穴周辺の皮膚組織にも拡大していきます。

 

炎症により皮膚組織は破壊されますが、
その際、皮膚組織内を通っている毛細血管も破れることになります。

 

毛細血管が破れると、皮膚組織に血液がにじみ出します。

 

血液の成分の中で色素を持つのはヘモグロビンで、
ヘモグロビンの赤い色が、
皮膚を通して外から見ると紫がかって見えることになります。

 

皮膚組織ににじみ出したヘモグロビンは、
やがて新たに形成される毛細血管によって排出されます。

 

ですからニキビが治ってしばらくすると、
多くの場合、紫がかった色素沈着は自然に薄くなります。

 

 

茶色い色素沈着の正体はメラニン色素

 

茶色い色素沈着の正体は、メラニン色素です。
メラニン色素はシミとなりますので、悪者のようなイメージがありますが、
メラニン色素には免疫機能があり、実は皮膚組織を守る働きをしています。

 

メラニン色素は、表皮にあるメラノサイト呼ばれる色素細胞により生成されます。
メラノサイトは、ニキビの炎症や紫外線や化学物質などの刺激が起こると、
皮膚組織を守るためにメラニン色素を生成します。

 

皮膚組織は表面にある表皮と、奥にある真皮とからできています。
表皮はターンオーバーにより日々新たに作られているため、
損傷されてもそれほど問題はありません。

 

それに対して真皮は取り替えが効きませんから、これを守る必要があります。

 

表皮にあるメラノサイトは、炎症や紫外線などの刺激から真皮を守るため、
メラニン色素を生成します。

 

 

メラニン色素が排出されないのはターンオーバーが低下しているから

 

メラニン色素は表皮に生成されますから、
通常はターンオーバーにより1ヶ月程度で排出され、
古い角質となって肌からはがれ落ちていきます。

 

ところがニキビ跡の茶色い色素沈着は、
場合によってはその後長期間にわたってそのまま残ってしまうことがあります。

 

メラニン色素の沈着が長期にわたって残ってしまうのは、
ターンオーバーが低下しているからです。

 

ニキビが治ったあとの皮膚組織は、
まだニキビとの戦いで疲労していて、正常なターンオーバーが行えません。

 

皮膚組織が回復し、ターンオーバーが正常に戻るまで、
メラニン色素の沈着はそのままに残ってしまうことになります。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品