口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ニキビ跡を消すのに効果的な成分とは?

色素沈着は、ニキビの炎症により発生します。

 

色素沈着したニキビ跡を消すためには、
ビタミンC美容液とハイドロキノン配合の美白クリームを使用するのがおすすめです。

 

 

色素沈着はなぜ起こるのか?

 

皮膚組織は、紫外線にあたったり炎症が起きたりすると、
皮膚組織を守る働きがあるメラニン色素を皮膚に蓄積します。

 

ニキビはニキビ菌により毛穴や周辺の皮膚組織が炎症を起こした状態ですから、
ニキビの周囲にはメラニン色素が蓄積されていくことになります。

 

蓄積された色素は通常、ターンオーバーにより自然に排出され、解消されていきます。
ただターンオーバーが低下している場合には、
長期にわたって色素沈着が残ってしまうことがあります。

 

 

ターンオーバー促進にはビタミンC

 

色素沈着を解消するためには、まずはターンオーバーを促進するのが大切です。
促進されたターンオーバーにより、皮膚組織が新しく生まれ変わり、
それにともなって色素は排出されていきます。

 

ターンオーバーを促進する効果が高い成分として代表的なものがビタミンCです。

 

ビタミンCは、皮膚組織の重要な成分であるコラーゲンの生成を促進することにより、

肌のターンオーバーを促進します。
さらにビタミンCは、色素沈着そのものを解消する美白効果もあります。

 

 

最強の美白効果があるハイドロキノン

 

色素沈着を解消するのに最も効果が高いものが、ハイドロキノンです。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われることがあるほど美白効果が高く、
美容院でシミ治療のために用いられることがあります。

 

高濃度のハイドロキノンには安全性に問題があると言われますが、
化粧品に用いられる程度の5%以下の濃度であれば、
これまで日本で副作用の報告はありません。

 

 

ビタミンCとハイドロキノンは浸透力が高いものを

 

色素沈着したニキビ跡に効果があるビタミンCとハイドロキノンですが、
それらをただ美容液や美白クリームに配合しても、それほど効果は期待できません。

 

ビタミンCもハイドロキノンも水溶性のため、
脂質でバリアされた肌にブロックされ、
肌の深部にあるコラーゲン繊維やメラニン色素まで到達できないからです。

 

ビタミンCやハイドロキノンを肌の深部に届けるためには、
浸透力を高める必要がありますが、

おすすめなのはビーグレンの製品です。

 

ビーグレンは元々医療技術として開発された、
国際特許を持つ独自浸透技術を持っています。

 

この浸透技術を利用して開発された、
ビーグレンのビタミンC美容液「Cセラム」や、
ハイドロキノン配合の美白クリーム「ホワイトニングクリームEX」は、
有効成分を肌の深部まで浸透させ、効果を発揮します。

 

ビーグレンの製品を使用することにより、
おおむね1ヶ月くらいで色素沈着解消の効果を実感すると言われています。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品