口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

レーザー治療でニキビ跡が治るとは限らない!?

ニキビ跡をレーザーにより治療することが、クリニックなどで行われます。
ただレーザー治療には様々なリスクがありますから注意が必要です。

 

 

ニキビ跡のレーザー治療とは?

 

ニキビ跡をレーザーで治療するには、
まずレーザーによってニキビ跡に小さなダメージを与えます。

 

ダメージが与えられたことで、
ダメージを受けていない皮膚の再生能力が刺激され、
皮膚の再生が始まります。

 

それによってニキビ跡の色素沈着やクレーターを解消するというのが、
ニキビ跡のレーザー治療の基本的な考え方です。

 

 

ニキビ跡の種類によるレーザー治療の実際

 

赤みがかったニキビ跡

 

赤みがかったニキビ跡に対しては、
出力が低いソフトレーザーを使うことが一般的です。

 

皮膚組織をレーザーで刺激することで血行を促し、
ターンオーバーを高めることによって赤みがかったニキビ跡を解消します。

 

色素沈着したニキビ跡

 

色素沈着のニキビ跡は、赤みがかったニキビ跡と同様のソフトレーザー、
または少し出力の高い中出力レーザーが使用されます。

 

赤みがかったニキビ跡と同様、皮膚組織をレーザーで刺激することにより、
ターンオーバーを高め、色素の排出を促します。

 

クレータータイプのニキビ跡

 

クレータータイプのニキビ跡は、
クールタッチレーザーやサーマルクールなどにより行われるのが普通です。

 

皮膚組織に刺激を与えることによりコラーゲンの生成を活性化させ、
皮膚組織を盛り上がらせることでクレーターを目立たなくさせます。

 

 

レーザー治療のリスク

 

皮膚が薄い人にとっては刺激が強すぎることがある

 

レーザー治療は基本的に、肌にダメージを与えることにより、
肌のターンオーバーを活性化させ、肌を再生させるという方法です。

 

レーザーによるダメージは、通常であれば問題はないとされていますが、
特に肌が薄い人や弱い人にとっては、刺激が強すぎ、
赤く腫れてしまうなどのことがあります。

 

しばらくのあいだ赤みが残る

 

レーザー治療を行なって2週間程度は、患部をガーザで覆う必要があります。
またガーゼを取ってからも赤みが残り、
赤みが取れるまでには数カ月程度かかります。

 

ですからもし、大事な用件で人前に出る必要がある人は、
その前にレーザー治療は避けたほうが無難です。

 

結婚式などまでにニキビ跡を治そうとしてレーザー治療を受けても、
場合によっては結婚式当日まで、赤みが引かないことがあります。

 

レーザー治療でかならず治るとは限らない

 

レーザー治療は、レーザーのダメージによって、
皮膚の再生能力を刺激する治療方法です。

 

皮膚の再生能力は個人により大きな差があるため、
レーザー治療を行ったからといって、
かならずしもニキビ跡がキレイになるとは限りません。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品