口の周り あご おでこ 背中 頭皮 胸元 おしり

ケミカルピーリングは逆効果になることがある!?

ニキビ跡のデコボコ、クレーターは、
一度できてしまうと完全に治すことは困難です。

 

ただ浸透力の高いビタミンC美容液を使用することにより、
目立たないようにすることは可能です。

 

 

クレーターは治すのが困難

 

クレーターは、ニキビの傷跡です。
ニキビが黄ニキビの段階まで悪化してしまうと、炎症を起こした毛穴が破れ、
炎症はさらに毛穴周辺の皮膚組織にまで広がります。

 

皮膚組織は炎症により損傷を受け、本来持っている肌の再生機能を失います。
そのためニキビが治ってからも肌が元通りに再生されず、
デコボコのままになってしまいます。

 

クレーターのニキビ跡ができてしまうと、完全に治すのはとても難しくなります。
まずはニキビを黄ニキビの段階まで悪化させないようにすることが大切です。

 

 

ビタミンC美容液でクレーターを目立たないようにする

 

クレーターは、完全に治すのは難しくなりますが、
ビタミンC美容液を使用して目立たないようにすることはできます。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進します。
皮膚組織の主要な成分であるコラーゲンが活発に作り出されることで、
ニキビ跡の肌が内側から持ち上げられてハリを取り戻し、
クレーターが目立たなくなります。

 

ただしビタミンCは、そのままでは肌に浸透することができませんから、
肌の深部にあるコラーゲン繊維に作用するためには、
浸透力が高いビタミンC美容液を使用する必要があります。

 

一般の誘導型ビタミンCでは、
ビタミンCはコラーゲン繊維まで到達することができません。

 

またクレーターは、デコボコのまま定着してしまうと、治療がかなり難しくなります。
なるべくそうなる前に、早めのケアをする必要があります。

 

 

ケミカルピーリングは逆効果になることもあるから注意

 

ニキビ跡の治療法としてケミカルピーリングがあげられます。
ケミカルピーリングは化学薬品によって肌表面の不要な角質を取り除くことにより、
ビタミンCの浸透を高めます。

 

ただしケミカルピーリングは、
皮膚の弱い人が行なうと肌荒れなどを起こして逆効果になることがあります。

 

ケミカルピーリングは薬品の濃度や使用時間を厳密に管理する必要があります。
ところが技術力の低い病院やクリニックへ行ってしまうと、
管理しきれず必要な角質まで取り去ってしまうことがあります。

 

また角質の厚さは人によって違うため、
角質が薄い人は同じようにやっても角質を取り過ぎてしまうことになります。

 

ですからケミカルピーリングは、他の手段でケアしてもニキビ跡が治らない場合の、

最後の手段と考えることがおすすめです。

特集!大人ニキビ対策ページ

  • 大人ニキビケア化粧品ランキング
  • ニキビケアに適した化粧水、美容液の選び方
  • 敏感肌の人に適した洗顔料の選び方
  • ニキビ跡が気になる人に適した美白化粧品